時空間デザイン/マルチスケールシステム

中西泰人研究室

中西泰人研究室では、実空間と情報空間を接続する要素技術・設計技術・応用システムの構築を行っています。主な研究領域は、HCI(Human Computer Interaction), CSCW(Computer Supported Cooperative Work), Mobile Computing, Pervasive/Ubiquitous Computingです。
情報は人々を内包する環境の大きな要素となりました。ここでの情報は、紙やディスプレイに書く/書かれたものだけではなく、友達やネットの向こうの他者、周囲の物理的なモノや空間が語りかけてくる情報もあわせて考えています。そのため、ポストイット、ケータイ、手、モノ、PC、A4の紙、大型ディスプレイ、身体、部屋、ビル、都市、地球、インターネットなどを組み合わせた新しい情報システム、そして、そうしたシステムの作り方を研究しています。
これらの研究を通じて「Intelligence Amplification x Information Architecture=知能増幅のための情報アーキテクチャ:人と道具と環境との構造と特性」を明らかにしたいと考えています。 環境知能や分散認知といった視点から人とモノ・人と人・人と環境との相互作用に注目して、こうした道具や環境の組み合わさり方を考える時のキーワードが 「時空間デザイン」「マルチスケールデザイン」 です。

詳細は研究室サイトに掲載しておりますので、ぜひこちらもご覧下さい。 http://unitedfield.net/about/