リアリティのデザイン

筧康明研究室

筧研究室では、『リアリティのデザイン』というキーワードのもと、実世界をベースに、リアリティを発見する/操る/創るためのメディアの開拓に取り組みます。 光学設計(ディスプレイ)、画像処理(カメラ)、電子回路(センサ・アクチュエータ)などの技術を駆使し、 人間の周りの素材・身体・記号の関係性や人と人との関係性に介在し、時に人の活動を支援するインタラクティブな装置、場および表現を創っていきます。

現在、主に以下のようなテーマの研究を進めています。
・Inter-Personal Display: 多人数調和型ディスプレイの開発と実空間への情報重畳
・Augmented Materiality: 素材性の拡張と応用
・TECHTILE: 触感のデザインと共有
・Native Circuits: 環境エネルギー駆動型アンビエントメディア

これらの研究成果は、Augmented Reality(拡張現実感)、ユーザインタフェース、メディアアート、エンタテインメントコンピューティングなどの分野において、 展覧会やワークショップなどを通して「体験」を届ける、さらにはそのフィードバックを含めて「論文」にまとめるなど、多様な形式で発表していきます。 また、外部の研究者やクリエイタと積極的に連携しながら進めています。

研究室に関する詳細やニュースは以下のウェブサイトをご覧ください。 http://www.xlab.sfc.keio.ac.jp/

教員

筧 康明

慶應義塾大学環境情報学部准教授

筧康明 プロフィール