2013.4.13

『x-DESIGN / 未来をプロトタイピングするために』出版のお知らせ

慶應義塾大学SFC 政策・メディア研究科 x-DESIGNプログラムの過去5年の実践をまとめた書籍を出版いたしました。

『x‐DESIGN――未来をプロトタイピングするために』
山中 俊治, 脇田 玲, 田中 浩也, 坂井 直樹, 岩竹 徹, 加藤 文俊, 中西 泰人, 藤田 修平, 筧 康明, 水野 大二郎
慶應義塾大学出版会
2013年3月15日発売

ご購入はこちらから Amazon.co.jp
書籍の詳細はこちらから 慶應義塾大学出版会

はじめに
SFCという場所でデザインを学ぶこと (山中俊治)
「x-DESIGN」という名の実験と実践 (脇田玲)

I デザイン/エンジニアリング
プロトタイピング・ラボ (山中俊治)
デザインで社会を動かす (坂井直樹)

II アート/メディア
二十一世紀音楽の誕生 (岩竹徹)
自伝的ドキュメンタリーと絵画における「自己」と国民 (藤田修平)

III コミュニティ/ファブリケーション
野生の試行(プロトタイピング)――つくりかたをつくるために (田中浩也)
ファッションデザインから考える (水野大二郎)
「ふつうの人」のデザイン (加藤文俊)

IV アーキテクチャ/リアリティ
素材化するコンピュータ (脇田玲)
水平思考を垂直思考する (中西泰人)
「リアル」のデザイン――HCIから HABIメディアへ (筧康明)

おわりに
「デザイン言語」から「x-DESIGN」へ (田中浩也)

Archives

Categories

Recent Entries