2015.8.27

川崎和也さんがアクシスギャラリー企画「第10回 金の卵 オールスター デザイン ショーケース」にてトピックに選出

x-DESIGN 水野大二郎研究会に所属する環境情報学部の川崎和也さんが、東京・六本木・アクシスギャラリーで開催される「第10回 金の卵 オールスター デザイン ショーケース」にて、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのイノベーション・デザイン・エンジニアリング学科、京都工芸繊維大学KYOTO Design Labの活動とともに、デザインをめぐる社会状況に対して特筆すべき作品「トピック」に選出されました。作品テーマは、ファッションデザインとクリティカルデザイン「Speculating Living Materials and Future Dressmaking バイオハッキングと未来の洋裁」です。同じく、水野大二郎研究会に所属する政策・メディア研究科修士課程の村尾雄太さんの作品「Critical design and Alternative typography」も展示されます。テーマはタイポグラフィとクリティカルデザインです。


作品概要:

Speculating Living Materials and Future Dressmaking 
川崎和也

植物や食べ物のみならず、身の回りの製品——衣服さえも、バイオテクノロジーによって作られるとしたら——。本作品は、一般市民がキッチンやバスタブなどの家庭環境を転用し、まるでハッカーのように生物実験をおこなう「バイオハッキング」によって制作された。 自家培養で作られたセルロースゲル素材を使用した衣服の制作を通して、未来のファッションデザインを推論する。

 

Critical design and Alternative typography
村尾雄太

5000年先の未来とのコミュニケーションの方法や文字のない世界、極端な監視社会などの仮想的な未来——。そのような世界で使われる文字の形態を想像しデザインすることは現在のデザインのあり方に対し示唆的な価値を持つのではないだろうか。本作品ではいくつかの実践を通し未来への想像力を介したタイポグラフィの可能性を探る。 

 

展覧会概要:
第10回 金の卵 オールスター デザイン ショーケース
テーマ「Back to the future —これからデザインにできること」
期間 2015年08月27日(木) ~ 09月06日(日)11:00 ~ 20:00(最終日は17:00まで)
会場 アクシスギャラリー
入場料 無料
お問い合わせ Tel. 03-5575-8655

展覧会について:
アクシスギャラリー恒例の本展は今年で10回目。これまでに作品を出展した学生は約400名、ポートフォリオ参加者は約1,500名に上ります。今回は、先人たちの経験や知見、技術などを改めて知ることで、さらに前に進んでほしいという示唆を込め、「Back to the future―これからデザインにできること」をテーマとしました。
会場では、大学からの代表作品、公募作品のほか、約110名分のポートフォリオを展示。併せて、デザインによる社会変革を目指し、海外の大学や機関との共同研究を推し進める京都工芸繊維大学KYOTO Design Labや自家生成されたバイオ素材による衣服の可能性を探求するプロジェクト、海外からは、クリエイティブなアイデアと高度なエンジニアリング技術を融合し、数々の製品を生み出しているロイヤル・カレッジ・オブ・アートのイノベーション デザイン エンジニアリング学科を紹介します。皆様の叱咤激励をお待ちしております。

出品学生によるプレゼンテーション:
8月29日(土)14:00~
9月 1日 (火)18:30~
9月 4日 (金)18:30~
会場: シンポジア(B1F)

協賛・協力・後援:
協賛:コクヨファニチャー株式会社、コニカミノルタ株式会社、株式会社島津製作所、株式会社東芝、日産自動車株式会社、日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社、富士通デザイン株式会社、株式会社本田技術研究所、三井ホーム株式会社

協力:
公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、株式会社エルトキオ、株式会社光伸プランニング、株式会社トゥールズインターナショナル、吉川紙商事株式会社ほか

リンク:http://www.axisinc.co.jp/building/eventdetail/420

 

Archives

Categories

Recent Entries