2014.5.13

Fab is for everyone インターネット前提社会のデジタルファブリケーション

今回の新しいファブスペース開設を記念したイベントを実施いたします。SFCからの情報発信として、デジタルファブリケーションについての取り組みをディスカッション形式で紹介します。

タイトル: Fab is for everyone インターネット前提社会のデジタルファブリケーション

日時: 2014年5月20日(火)
パネルディスカッション: 16:30-18:00
場所: 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス Ω(オメガ)11教室
登壇者:慶應義塾大学環境情報学部長 村井純
環境情報学部准教授 田中浩也
環境情報学部准教授 筧康明
環境情報学部講師(非常勤) / 一般社団法人Mozilla Japan代表理事 瀧田佐登子
備考: 入場無料・申込み不要

当日はネットワーク環境とデジタルファブリケーション機材を搭載した、ITワークショップバス「MozillaBus(MozBus)」の車体展示も行う予定です。

[アイデアをカタチに]
ファブスペースの機材選定や空間設計はx-DESIGN(エクス・デザイン)の活動で知られるSFC関係教員の協力を得て行っています。
SFC生ならだれでも利用可能なメディアセンターのファブスペースで、自分の発想やデザインをモノとして形にしていく知的作業を是非体験してみてください。

[本イベントに関するお問い合わせ先]
慶應義塾広報室(山﨑)
TEL:03-5427-1541   FAX:03-5441-7640
Email:m-koho@adst.keio.ac.jp   http://www.keio.ac.jp

Archives

Categories

Recent Entries